トラブル対応事例

エアコンの冷房が効かなくなってしまった

2022.07.01

トラブル内容

先日、入居者様よりエアコンが冷房が効かなくなってしまったとの事で、お問い合わせを頂きました。
詳しい状況を確認したところ、送風は出ているが生ぬるい風しか出てこない状況との事で、猛暑が続いている為、早急に対応をしてほしいとの事でした。
※梅雨が明け、先週からエアコン故障の連絡がとても増えております。

解決方法

まずはエアコンに何かエラーが出ていないか確認をしてみましょう。
エラーが出ている場合、内容によっては簡単に解決できる可能性がありますので、慌てずに確認をしていきましょう。

入居者様に確認していただいた箇所は以下の2つになります。
①室内機にタイマー部分などにランプの点滅が出ていないか?
②リモコン側でエラーコードが出ていないか?
※このタイマー部分が点滅していたり、エラーコードが出ていると本体が故障している可能性が高くなります。
上記を確認していただいた結果、特にエラーは出ていないとの事でした。

次に冷えない原因として考えられる以下の3点を確認していただきました。
①フィルターの汚れ(ホコリ等)が溜まっていないか
②エアコン室内機の電源プラグを抜き差し
③ブレーカーを落としてあげていただく

実はこの3点は意外とよくあるケースで、簡単な対応で改善される事があります。
こちらを確認していただく理由と、その対応方法をご紹介します。
①フィルターの汚れ(ホコリ等)が溜まっていないか
【理由】
ご存じの方も多いと思いますが、エアコンはフィルターを通して室内の空気を取り込んでいます。
室内の空気を取り込んで温度を調節して風を吹き出す為、空気中のホコリなどがフィルターに溜まっていきます。
フィルターに溜まったホコリをそのままにしていると、室内の空気の取り込みが困難になってしまい、温度調節が効かなくなってしまいます。

【対応方法】
フィルターを外します。
お風呂場などで歯ブラシなど用いて、水洗いしてしっかりとホコリ等を取ってあげてください。
綺麗になったら、しっかり水を拭き取り乾かしてください。
※しっかりと乾かさないと、カビの原因になる恐れがありますので要注意です。

②エアコン室内機の電源プラグを抜き差し
【理由】
こちらの試していただく理由は、室内機と室外機との電気通電部でエラーが発生している可能性があるためです。
別の不具合で室外機が動いていない際にも、これを試していただく事がありますが、結論は室外機側のエラーをリセットさせる為の方法です。
室外機側にはリセットボタンがない為、室外機側をリセットするには電源プラグを抜き差しするしかありません。

【対応方法】
単純に室内機側の横に接続されている電源プラグを抜き差しします。

③ブレーカーを落としてあげていただく
【理由】
こちらは主電源から室内機までの部分に、何か不具合が生じている可能性がある為です。

【対応方法】
ブレーカーの上げ下げのみです。

簡単に確認、対応が出来る方法は以上です。
この3点でも改善されない場合には製造年数を確認して、10年以内の物であればメーカーへ、10年以上経過してしまっている場合は早急に交換をしてあげましょう。

今回は①のフィルター汚れが原因で冷えない事が分かったため、掃除をしてあげたところ無事に改善されました。


弊社は月額管理料無料の不動産管理会社です!
空室が長引いていて困っている、月々のランニングコストを抑えたい、現状の管理会社に不満があるなど、様々なお悩みを解決いたします!
もちろん、クレームや設備修繕リクエストなどの窓口も無料です♪
ご不明点やご質問など何かございましたら[03-6262-9556]まで、お気軽にお問い合わせくださいませ!

お問い合わせ

03-6262-9556

営業時間 10:00~19:00 定休日:火曜日・水曜日

管理料無料の詳細

他社と比較してください!
これだけ違いが出てきます!

お問い合わせ 管理料無料の詳細