企業理念

日本一人間くさいサービスで業界の顧客体験を変える

Corporate philosophy

人は生きるため、幸福のため、色々なものにお金を使っている。
「食事」「ファッション」「ネット」「スマホ」「車」...
何にお金を使うかは人それぞれだが、近年、この「消費」という活動が変化してきている。
モノを消費する時代から、体験やストーリーを消費する時代へ。

この変化の背景には、2つの「壁」がある。

1つめの壁は、「差別化の壁」 モノがあふれているため、モノの価値だけで選ばれることが難しくなっている。

2つめは、「情報化の壁」 世界がオープンになり、消費者は無限に情報を得られるため、情報を提供すること自体は消費者にとって価値がなくなっている。

だからこそ、モノや情報ではなく、他にない体験やストーリーこそが選ばれる時代になっている。
しかし、一番身近で、一番高額な消費である家。
この業界の消費はまだ変わっていない。

なぜなら、業界全体が諦めているから。
確かに、難しい仕事であることは間違いない。
「扱う商品は日本全国同じ」、「収益は仲介が成約した時のみ」、そして「常態化している人材不足」...。

ただし、差別化の壁、情報化の壁は、遅かれ早かれ必ずこの業界にもやって来る。
だからこそ、アブレイズは、先陣を切る。
あえて言おう。
この業界は、お客さんから信頼されていない。信頼は、すぐには生まれない。
だからアブレイズは、諦めずに一つ一つ変えていく。
嘘がない、少し不器用ですらある、人間くさい不動産会社へ。

次々と紹介やリピートが生まれ、顧客から皆が指名される、家族に自慢できる仕事を。
商品は同じ。価格もほぼ同じ。

そんな業界の中で、アブレイズが売るのは物件ではない。 アブレイズは、「人間」を売る。

人材力で不動産業界のトップをとる。

日本一人間くさい不動産
アブレイズ・コーポレーション
アブレイズパートナーズ
RENOLAZE